スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

日本人にはできないと思うこと。。。

 2013-10-17
〝金の豚〟・・・・・・って、どこかで聞いたなあ~~。


日本のコマーシャルですね。ワンカルビとかなんとか...?

違いましたっけ!?


香港のチムサーチョイの街角を歩いていると、ウインドウに飾ってあるのを度々見ます。


今、私は香港、マカオ、深センの訪問のために、香港九龍(カオルーン)にあるチムサーチョイのホテルに滞在しています。


今回はアシスタント募集で来てくれたMAI(通称)と一緒に仕事をしております。

月曜日には香港島にあるコンベンションセンターへ行き、エレクトロニクスショーを訪問してきました。

世界中から集まってくるサプライヤー同士の交流機会です。


私の仕事の製品に関係する根元のカンパニーやサプライヤーに出会えるだろ~な・・・という考え方で訪問いたしました。

ぴったしカンカンですね。

見つかりますね。


中国系企業の仕組みが板についてきた?

チョットビジネスマインドが生まれてきたのか、これからの日本のビジネスがどうなるかっていうのが見えてきます。

これは、韓国と台湾とフィリピンを見て同時にこのショーに来ている人種を見比べてイメージを作らないと分からい部分が50%以上ありますけれどね。


儲けられるビジネスをしていくには、そういったところを肌で感じる必要性があります。


これは行動しないとわからないという、ごく簡単な仕事です。

なので、儲かるビジネスをされたい方は、まず動くことから始まりますね。





昨日の火曜日は、私も初めての訪問でしたけれど、マカウ(マカオ)に行って参りました。

当然カジノを見るためです。

私はカジノ自体には興味はないのですが、カジノの環境を知りたいと思い訪問しました。


チムサーチョイから高速フェリーボートで60分くらい。

ターミナルからコタイやマカウエリアに入るのは、それぞれのホテルのシャトルバスで行けます。

なので、今回の交通費は全てフリー!!


タダです。


ベネチアという大きなカジノホテルから、ハードロックホテル。。。。

そして、マカウにあるリスボアに行ってましりました。


ゲームはしておりません。



しかし・・・・・・

第一印象は。。。。。。


 日本人ではこりゃ~~できんワ!!


が答えでございました。


カジノビジネスは日本にあるパチンコビジネスとは違い、まず訪れる人の環境をしっかり作らないと繁盛しないというのがあからさまに出ていますからね。


まず、日本人の一番の精神、〝もったいない”からがカジノビジネスへの想いを止めますね。

私の勝手な思いからでしょうけれど、貯蓄をしようという国民性の中にこのギャンブルプレイは重すぎる。


そして、老後の貯蓄を案じなければならない国の仕組みが一番大きな壁になっています。


働いて手に入れた金銭をもってギャンブルに行くことは後ろ指をさされますからね。


 遊んでる時間があれば、真面目に働け!!


ですからね。


貯蓄型の人種がいくらビジネスをしても大きくならない。

なぜなら、自分のものさしで測った内側でしかモノゴトを見ようとしないからです。


そのモノサシを作るのが大切なんですけれどね。

出来るだけ長い寸法が測れるモノサシですよ。



それともう一つ、儲ける事が悪い、罪の様に思えるようではこのビジネスはできない。


訪れるプレイヤーにはチャリ銭も残らず使ってもらおうというガメツイ根性が必要!!


帰るカネは心配いらないからというくらい、全てカジノ側が準備してあげるからという振る舞いが必要ですね。




建物の中は金色。


大聖堂のような天井の絵。


トイレの引きドアは全て自動ドア。


などなど・・・・・



カネはしっかりかける!!


当たり前のことじゃないですかね。

私はそう思います。


お客さんは、それが良いから、ここに来たいから、ここで遊びたいから。。。。。

がお金を使っていく理由です。


ケチった設備の日本の店に誰が来ますか!?


しかも沢山お金を使ってイイよっていう人が。。。。。。??


中国人とい13億もいる、カネの使いの荒いマーケットが、飛行機や船に乗ってやって来るんですけど。。。

日本には来れないでしょうね。


つまらないから。。。


日本の政治がカジノ構想を立てているようですが・・・・・・?

ダレがそのようなカネのかかるサービスをするのでしょうかね。


税金を高くして、社会福祉に当てようというシステムがカジノを作れるのでしょうか?



やはり、〝金の豚〟をネックレスにでもして、お金の幸運を呼び込もうというモノの考え方から始まるのでは????



その為にビジネスをするのですから。


それが嫌なら、山に入って鹿やクマと同じように木の実をかじって生きていかなければならない。

それか、どこかのあったかい国の人間の様に、人に集って金銭をもらっていかなければならない。


儲けるという事をどうのこうのって思うのであれば、ビジネスだとかカジノに行ってみたいとかというのは・・・


チョット違うように思えます。


それだけ、シビアなのでしょうね。


是非、英語を勉強するためにも海外に出てくださいね。



今日は深センに行ってきます。


香港より。。。

ファイスブックでチョコと写真出してます。

FaceBook
スポンサーサイト
タグ :

ビジネスをするって、身近なところにチャンスがあります.....が・・・・

 2013-09-26
昨日、私は二つ仕事を進めました。


1.韓国のCCTVカメラ製品を製造している会社と日本総販売代理店(支店扱い)の契約.

2.香港貿易開発事務局に出向き、弊社独自の会社設立への準備.


1はすでに製品の購入販売などは行っております。

また、日本の大手企業にもOEM発注をいただいております。


2は以前から香港にある会社を使い製品の輸入をしております。

韓国の会社から紹介してもらって、製品の買付けストックなどもしております。

が、仕事がもっと進んでいくだろうという準備で正式に香港内に会社を設立しようということです。


また、フィリピンにもショールームを開設する準備が進んでおります。




しかし、ここにたどり着くには、自分の身をそれぞれの仕事に慣らしていかなければなりません。


今まで韓国やフィリピンを自分の仕事の土壌にしていくには、オリジナルでルートを作っていかなければなりませんでした。


今後もそのようなスタイルは強くなると思うのですが..........


でも、そんなに難しいことはなく非常に単純なところからスタートしています。


〝遊びに行ってみる”というのが全てスタートです。



私の場合、そんなことをしている間にファミリー的な存在が出てきました。

遊びが仕事なのですが、その仕事が自分のもつ仕事を広げていったということです。


外国なので、ヤタラメッタ誰でも良い事にはなりませんけどね。。。。命に関わりますから。



多方の人はまず、スタイルから入ろうとします。

ビジネスをしたいと思う国に会社を作ってお金儲けの仕事を始めようって。。。

だから最初に行くのはコンサルティングに話を聞きに行く。。。

っていうのが殆どじゃないですか?


違うんです、まず行かなければならないのは、その国に何度も足を運んで、自分とお付き合いしてくれる人を探さなければならないんです。

慎重にですよ。


そして、それぞれの国にはそれぞれの特徴と癖がある。

そこが自分のビジネススタイルに合うか?もしくは合わせられるかを見ていかなければならない。


どちらかというと、合わせられるかを見るほうが重要だと思います。

基本的に自分に合わせられる他人はいないと思ったほうが良いです。


人に頼るというより、自分の仕事を頼りにパートナーを見つけていくっていうのがポイントですね。


みんなお金から入るから大変になるんです。

でも、多方の人が自分が大変な目にあっている事に気がついておりません。


海外進出って右も左も分からないから、コンサルティングやいろんな機関を頼って進めようとする。

結局、自分の仕事の本質やビジネスをしたい国の性質が解らないために余計な出費ばかりで前に進まない。

結局は途中で断念して撤退。


フィリピンでなんか、儲けたお金に目をつけられたら殺される目にも会いかねない。

30年トラベルエージェントをされていて、フィリピンでは成功された日本人と言われた女性もいましたが、昨年、フィリピンの国の労働法に裁かれて破綻に追い込まれています。


お金を儲けようというより、仕事を進めてみたいと思う方がビジネス展開は広がります。


だから、仕事は自分の遊びになってしまわないと進まないんですよね。


タイガイの人は生活のため、家のローンのために仕事をして給金を得ている。


仕方ないじゃん、だってそれしかないんだから!って聞こえてきそう。


でも、その人の生活や家のローンなどの支払いはその人オリジナルの行為。

それが当たり前だという常識を埋め込まれただけだと私は思っています。


私のように家族も無くなり、家も車も持たないスタイルは仕事をしていかなければ生きていけない状態に入っております。


なので、一つモノゴトをすすめると、同時に自分のしている仕事に関わる事が全て動き出します。

連動してしまうっていうことですね。


こうなれば楽チン。忙しくはなるけれど。。。

トントン拍子に想いが進んでいきます。


私がビジネスしていこうと思った前にしたことは。。。


 〝遊んでた” → 〝遊び相手ができた” → 〝ファミリー同様になった” → 〝仕事の話が広がった”


これで、その国にあったスタイルの仕事方法が出てきたということです。


ここからが具体的になればいいんです。


だから、まずは何処でもいいから行かないと何も始まらないし、変化もしないということです。


宝くじと同じですね。

買わないと当たらない。
タグ :

またまた、募集の続き。。。

 2013-09-23
10月13~16日くらい(もう少し長くなるかも)
香港・深セン・マカオに来てくれる人いませんか?
ソウル経由でもう少し長くなるかもしれませんが.
もう少しで日程が決まります。

仕事は、簡単な英語の通訳。
殆ど仕事の会話(英語)は私ができます。
あと、荷物持ち。

関西空港から出発。予定
タグ :

失敗するビジネス.......?

 2013-09-22
ビジネスを失敗するというか、会社って続けられないモンだというのか..........

ビジネスが続けられないというのが良い言い方なのか。。。。

つまり、仕事して儲けたお金をなくしてしまうという意味です。


私の講釈。

私は基本的にビジネスと商売や仕事は全く別のものと考えています。

考え方の根本が全く異なっていると考えているので、レベルという言葉で比較するとビジネスの方が当然大きく広い捉え方の社会だと思います。



なんでこんなことを言っているかというと。。。。

大方の人は仕事で稼いだ利益を違うところに持っていく、使ってしまうという行動をとってしまうからです。


仕事で得た利益は仕事に使う。

これはお金を作り出していく基本中の基本です。


しかし、生活に使ったり、住むところを買ったり、車を買ったり、仕事以外の旅行や買い物をしたり。。。。

戻ってこないところにお金を使ってしまう。

もちろん、税金もその一種。

全てとは言わないが。。。。


最低限の余計な出費というものを見てみると、そんなにタイシタ出費ってない。

一億稼ぐから9千万の経費や出費が必要とは限らない。

十億稼ぐのに使った経費が10万以下だったていうことだってある。


大方の人は経費を沢山使う方でしょうね。

そして、その中で出たアトの2千万で自分のほしい物や、使いたいものに使ってしまうでしょうね。


・・・・・・・全然悪くありません。

その為に一生懸命仕事して稼ぎをしたわけですから.


私の場合は少し違って、経費10万ではありませんが、似たように仕事以外にお金を使わないんです。

それは簡単な話で、時間に余裕を持とうと思っているんです。

忙しくない方法で仕事をする。

逆に言えば、忙しいことはしない。

でも、仕事が起こると忙しくはなってしまいますけどね。


しかし、その仕事も短い時間で終わらせるように考えます。


つまり、仕事の時間が経費を多くしているんですよね。

これは大方の経営者さんは頭ではわかっていると思います。

でも、実行としては忙しい仕事の方を行います。


これでストレスを溜めてお金を違うところに使い出すんですね。


だから商売が続かない。

ビジネスなんかできていないという結論ですな。


ビジネスをして大きな稼ぎを余裕を持ってするということは、時間を上手く使うということです。

そして時間を大切にして、出費が重なる仕事を出来るだけしないということです。


そしたら時間はどうするか?

準備に使うのです。


昔から段取り八分って言いますよね。


動かなきゃダメですね。


一回一回ターゲットを決めて。


無闇矢鱈に品モノを安く多く売ろうとか、ヤタラメッタに営業訪問するとか。。。。。

営業活動のために営業マンを増やすとか。。。。


絶対に失敗する法則です。


ビジネスというのは目に見える利益やお金だけじゃないということですね。


一度ビジネスで得た利益は、全部もう一度次のビジネスにつながる使い方をしなければ続かないということなんですね。


カバンひとつでできる世界です。




にほんブログ村

タグ :

プロセスが見られるのは.....イイ!

 2013-09-19
9月11日から約一週間、韓国とフィリピンに行ってきました。

関空や東京方面の空港より、インチョン空港からはフィリピン行きの飛行機が沢山出ていて、とっても利用しやすい。


韓国滞在からそのままフィリピンに一泊での往復。

夜9時出発、夜中1時出発の帰り便。。。。

時間が上手く使えます。


日本から直接フィリピンに行くのではなく、韓国インチョンで多国籍人多くと混じりながらの風景。

イイ勉強になりますよ。


日本人がフィリピンに渡る様相.........

韓国人がフィリピンを訪問する時の風景。。。。

全然違いますよ。


あのフィリピンの飛行機がボーイング777で、エコノミーにもテレビ付き。

ほんでもって、Wifiも有料提供。

こんなの日本から飛んでない。。。




実感としてご承知かどうかはわからないですが、今フィリピンの経済というのかインベストメントが大きくなっています。



韓国人はセブ島方面、つまり観光開発の投資を行っています。

そのためなのかどうかわからないけど、子供連れ、ゴルフバック持ちの客が多い。

それに英語を勉強させるためのホームステイ。。。


韓国とはFTAを結び.............

って本当にそうなっています。

が、FTAやって良いの??って仕事をしている韓国人に聞いてみると。。。。


ダメよ~~~、韓国から一方通行で、フィリピンから買えるものがない!!

って言ってました。

ということは製造業のインベストが遅れているのか、出来ていないのかな?って思えます。


観光だけなら、韓国人のための施設作りになっていますので、韓国からお金が逃げていく仕組みになっております。


・・・・・・・大丈夫かよ?韓国。。。





しかし、マカティ市(経済地区)の街中を見て回ると、車を買わせるローンや高層ビルマンションのローン案内がメチャ増えている。

車なんかも日本製がほとんどで、しかも新車が多い。


なんせカードやローンができるという現象が加速しております。

メチャ、アンバランスですよ、見ていると。


だって、仕事して務めるところが........少なすぎますもん。


負債ビジネスが大きくなっているということです。


この現象は誰が起こしているのでしょうかねえ~~~?

こういう事が好きなのは、アメリカです。


日本は少し離れたところに、大手企業が工場を作っています。


これって日本とアメリカのタッグですよね。



話を聞くとやはりアメリカがフィリピンに投資をしているらしいですね。

それも70%程あるらしいですよ。


日本は?これまた20%程らしいです。


二国合わせて90%。。。


モノは日本が現地生産で提供し、アメリカが金を貸す。

借金でモノを買わせ、返済不能となれば取り上げる。。。。

これに合わせて、保険などの金融ものがまた一般からお金集めの仕事を始め出す。


物価もメチャ高い。

マンションなんて7千万円、8千万円なんて当たり前!


外食などのレストラン業もうなぎのぼりに増えている。。。


でもこれってメチャ危険ですよね。



しかし、こういう現象が経済発展しているという言葉で表さられる。。。


なんともはや?


別の言い方にすると、今度はフィリピンが食いもんにされているということでしょうか?


華やかさっていうものを人間は追い求めるけど、華やかさが大きくなればなるほど、歩く橋の幅が狭くなる。

一度落ちると橋の上に戻れない深い溝にハマる。


インベストはいつ止まるのだろうか?


簡単です。

儲からなくなったら止まります。


そしてまた、廃墟になりボロボロになってからまたやってくる。

その間に人間の欲がはびこり、エゴが人を滅ぼしていくのでしょうね。


これって、見たことありませんか??

右肩上がり時代があったという国でね。


まあ~~~日本人も賢いわ。


韓国や中国どころではないじゃないですか。

全くアメリカと結びついて金儲けしてますよね。



日本人のフィリピンへの見方は、貧乏の国の代表みたいに見ている。

・・・・正解です。


けど、貧乏人に金を与えるとどうなるか?

なんとかとハサミの使いようっていいますやん。

悪い方の使い方ですけどね。


しかし、フィリピンてバクテリアのような性格がある。

廃墟になってからがフィリピンのチカラ発揮なのかも!?



もう少しすると日本からも、お金儲けのつもりでフィリピンに渡る人が増えてくると思えます。

しかし、この国はプロセス途中から入ると相当危険!


似たような現象を中国において、多くの日本中小企業が経験しているはず。


その国々によって人を拘束する法律が様々。。。

その手口を知らないと、大変なこと?になりますよ。




にほんブログ村

タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。